仙台市青葉区の歯科医院-東京歯科 歯医者のひとり言

仙台駅前で開業する歯科医師です 仕事、育児、遊び、ジムなど 様々なひとり言を・・・

 逮捕

守屋前次官と妻を逮捕 旅行接待、収賄容疑 装備品調達で便宜
2007年11月29日 朝刊

 防衛専門商社「山田洋行」(東京都港区)の過剰接待問題に絡み、東京地検特捜部は二十八日、防衛装備品の調達をめぐり便宜を図った見返りにゴルフ旅行の接待を受けたとして、収賄容疑で防衛省の前事務次官守屋武昌(63)と妻幸子(56)の両容疑者を逮捕し、都内の自宅を捜索した。特捜部は二十九日、防衛省など関係先を捜索する。巨額の防衛利権をめぐる癒着はかつての大物次官の汚職事件に発展した。次官経験者が在職中の収賄容疑で逮捕されたのは、一九九六年の旧厚生省の岡光序治元次官以来。 

 特捜部は二十八日、業務上横領などの罪で山田洋行の元専務宮崎元伸容疑者(69)を、有印私文書偽造・同行使の罪で同社元役員室長今治友成容疑者(57)を起訴し、贈賄容疑で宮崎被告を再逮捕した。

 守屋、宮崎両容疑者とも容疑を大筋で認めているもようだ。

 調べでは、収賄側の二人は、守屋容疑者が次官在任中の二〇〇三年八月九日から〇六年五月六日にかけて計十二回、自衛隊の装備品納入で便宜を図った見返りなどの趣旨で、宮崎容疑者による北海道や九州への丸抱えのゴルフ旅行に出かけ、総額約三百八十九万円相当の接待を受けた疑い。

 接待はいずれも一泊二日で、特捜部は一連の旅行をわいろと認定。収賄額は夫妻にかかった経費で、航空機代やゴルフのプレー代、宿泊、飲食代などが含まれる。一回当たり二十万−四十万円の費用を山田洋行側が全額負担していた。

 幸子容疑者はすべての旅行に同行しており、特捜部は、次官の妻として接待されたとの認識があったとして、収賄容疑の「身分なき共犯」に問えると判断した。

 航空自衛隊の次期輸送機(CX)に搭載するエンジン調達をめぐっては〇三年八月八日、守屋容疑者が議長だった装備審査会議で、山田洋行が代理店を務める米ゼネラル・エレクトリック(GE)製エンジンの採用が決定。守屋容疑者らはその翌日から同社丸抱えのゴルフ旅行に出かけていた。

 山田洋行は〇二−〇六年度の五年間に計約百七十四億六千万円の装備品を受注。国会での二回の証人喚問で守屋容疑者は、宮崎容疑者への便宜供与を否定したが、特捜部は装備品に絡む便宜供与の実態について捜査を進める方針。

 守屋容疑者は東北大卒。一九七一年に旧防衛庁に入庁、〇三年八月に事務次官に就任。異例の四年間を務め今年八月に退任した。

喚問妨害ではない 東京地検次席検事
 参院での証人喚問が議決された翌二十八日に守屋容疑者を逮捕したことについて、東京地検渡辺恵一次席検事は「証人喚問を妨害するために逮捕したものではない。国政調査権の重要性は十分理解しており、法令の許す範囲内で協力してまいりたい」と異例のコメントを発表した。

受領現金は300万円超
 前防衛事務次官守屋武昌容疑者側が、山田洋行元専務宮崎元伸容疑者側から受け取った現金が二〇〇四年の二百万円に加え、さらに百数十万円あり、総額三百数十万円に上ることが分かった。東京地検特捜部は、資金提供にわいろの趣旨がなかったか解明を進めているもようだ。

 関係者によると、現金は〇四年から〇六年にかけ、山田洋行の米国現地法人「ヤマダインターナショナルコーポレーション」(ワシントン)の元社長秋山収容疑者(70)=業務上横領容疑などで逮捕=が管理する口座から複数回にわたり、宮崎容疑者の指示で送金されたという。

 送金先は、守屋容疑者の妻幸子容疑者と親族の口座。幸子容疑者の口座には〇四年に約二百万円が振り込まれていた。こうした金のやりとりについて、宮崎容疑者は特捜部の調べに対し「融資だった。金は返してもらっている」などと供述しているという。

癒着の全容どこまで
<解説>

 捜査による政局への影響を嫌う東京地検特捜部が、参院での証人喚問が決まっていた防衛省の前事務次官守屋武昌容疑者の逮捕に踏み切ったのは、山田洋行の元専務宮崎元伸容疑者との癒着の解明を入り口に、巨額の防衛利権をめぐる疑惑に切り込む決意の表れだ。

 宮崎容疑者が守屋容疑者への接待を繰り返したのは、防衛装備品の受注をめぐり便宜を得たいとの期待からだ。本来、業者側からのアプローチを拒絶すべき守屋容疑者は、接待漬けとなり、国防の根幹を担う防衛官僚としての意識をまひさせていった。

 接待による収賄容疑の立件には捜査上、高い壁がある。今回のように接待が長期間に及ぶと、わいろ性の趣旨が薄れるからだ。それだけに、山田洋行側から宮崎容疑者による接待や裏金づくりなどの資料が、捜査当局に提供されたことは大きかった。今回の逮捕容疑の対象は、宮崎容疑者が山田洋行在職時に行った接待であり、同社は捜査当局に提供した資料で、図らずも防衛商社としての暗部をさらけ出したことになる。

 特捜部の当面の狙いは、宮崎容疑者側から守屋容疑者側に流れたとされる現金の趣旨の全容解明だ。それをきっかけに利権に群がる防衛関連企業、防衛官僚、防衛族議員の「政官業」の癒着の実態にどこまで迫ることができるか。捜査はまだ始まったばかりだ。 (社会部・加藤文)

<メモ>身分なき共犯 収賄罪や背任罪など一定の身分が必要な犯罪に加担した場合、身分がなくても共犯として処罰される刑法65条の規定収賄罪は公務員などが対象だが、今回は防衛次官だった夫とともに接待を受けていた妻が収賄の共犯に当たると判断された。

忘れた頃に逮捕かなぁとか思っておりましたが、意外と早かったですねぇ。今後余罪や芋づる式に他の人にも及ぶのでしょうか? なんとなく守屋前次官に世間の目を集中させ他の連中は雲隠れしそうな感じもしますが・・・





私が作成している自院のHPも訪問お願いします〜


仙台市青葉区中央4-1-3 東京歯科 022-266-1510 tokyo-sika@r4.dion.ne.jp http://www.tokyosika.com/pc/