仙台市青葉区の歯科医院-東京歯科 歯医者のひとり言

仙台駅前で開業する歯科医師です 仕事、育児、遊び、ジムなど 様々なひとり言を・・・

 すげぇ

 

トヨタ自動車が9日発表した2007年3月期決算は、売上高が前期比13・8%増の23兆9480億円、営業利益が19・2%増の2兆2386億円といずれも過去最高を更新した。08年3月期は売上高が4・4%増の25兆円、営業利益は0・5%増の2兆2500億円と伸び率は鈍化するものの、増収増益を見込み、販売台数、売上高、利益のすべての面で米ゼネラル・モーターズ(GM)を抜き世界一になることが確実となった。

 07年3月期の世界販売台数は北米や欧州などで伸ばし、連結子会社のダイハツ工業日野自動車を合わせ6・9%増の852万4000台。これに連結対象外の中国合弁会社などを含めると9・1%増の900万6000台だった。

 原材料価格の高騰などもあったが、円安による為替差益の追い風も受け、最終利益も19・8%増の1兆6440億円と過去最高だった。

 トヨタの07年(1〜12月)の販売計画は934万台で、GMの920万台を上回る。07年第1四半期(1〜3月)はトヨタの世界販売台数が235万台と、GMの226万台を上回っており、世界一となっている。

 9日、東京都中央区のロイヤルパークホテルで記者会見したトヨタ渡辺捷昭(かつあき)社長は、4半期ベースで世界一になったことについて、「あと9カ月残っており、年間ではまだわからない。他社を意識するより、世界中のお客さまに満足してもらえる車を売ることに全力を傾ける。開発から販売までまだ課題が多い」と述べ、効率化や品質向上をさらに推進する考えを強調した。

 また、今後の最大の死角については「従業員の慢心」と指摘。自らを戒める意味での発言だが、それだけ世界に強敵がいなくなったことも印象付けた。

 08年3月期は、販売台数を前期比4・3%増の889万台(連結ベース)に設定。利益面では為替が円高に振れ収益を押し下げると見通し、設備投資に前期並みの1兆5000億円、環境技術などの研究開発には前期を493億円上回る9400億円を投じる計画。このため営業利益が前期比0・5%増となるほか、最終利益も0・4%増の1兆6500億円とわずかな伸びにとどまると予測した。

 快走を続けるトヨタだが、稼ぎ頭の北米市場では、急速な販売増にともない現地生産が追いつかずに日本からの輸出が増加。円安効果で収益を大幅に増やしていることに対し、米メーカーの一部から反発の声もあがっている。また、昨年から生産している新型ピックアップトラック「タンドラ」の販売が伸び悩むなどで今期の販売台数は1・6%増にとどまる見通しだ。

 日本の自動車メーカーにとって最大の課題は、低迷する国内市場の販売対策。渡辺社長は「何より良い商品を出すこと。今年も後半に昨年以上のモデルチェンジと新商品の投入を考えており、市場を活性化させたい」とし、新型車攻勢をかける方針を示した。

 近年のリコール件数増加にともなう品質確保への取り組み強化も急がれる。「この半年で問題点のチェックが進んだ。新しく立ち上げる車は確実に(品質問題が)減ると確信している」と渡辺社長は自信をのぞかせた。

とうとう世界一になりましたねぇ。以前私もJZX110系mark?乗っておりましたが、故障もないし燃費もいいし、安心して乗れる車でした。ただ現在は日産車に乗ってますけど、日産車も別に文句はありません。日本車が全般的に世界を凌ぐ性能なんでしょう。プラストヨタの経営戦略がすごいんでしょうね。ただ個人的にはGMのいかついデザインは大好きです。昔乗ってたIROC−Zカマロなんて重いし、曲がらないし、燃費は悪いし、ほんと手のかかる車だったんですけど、直進性能とぶっといトルクがたまらなくて、うきうきして乗り回しておりました。
まぁ現在は子供がいるので完全ファミリーカーじゃないと乗れませんがねぇ(ーー;)



人気blogランキングへ←クリックお願いします
私が作成している自院のHPも訪問お願いします〜

仙台市青葉区中央4-1-3 東京歯科 022-266-1510 tokyo-sika@r4.dion.ne.jp http://www.tokyosika.com/pc/